晩酌しながらつらつらと5(駄文)

a0063856_18182158.png

ツイッターで最近偽物リキッド云々をちょろちょろ見かけるのでつらつらと書いてみます。
まず思ったのはコストが安いから工業用グリセリン云々という主張だけど、偽物を入手し検査した
上で検出された事を根拠にしているならともかく憶測の様なのでちょっとどうなのかなと。

噂になっている物は、つらつら3で書いたようなまるごとコピーなので論外ではありますが
それならそれで、きちんと法的手段をとれば良いだけの話であって、消費者に不安を与える様な
風聞をばら撒くのはなんか違うんじゃねぇかなと。

ぶっちゃけて言えば海外産リキッドで、安全性が担保されている物(万が一健康被害があった時に保障
されると信頼できる)など見た事がないよね。
体内に入れる物という前提で危機感をあおるのであれば、食品衛生法に基づく食品等輸入届け出書
レベルの合否判定を自主的にやらないと信頼なぞできません。(VAPEリキッドに対する法整備が
きちんとされていて認可されている品物で証明がある物は除く)
現時点で、そういう信用できる証明と言えるのはリキッド毎でのFDA認可くらいじゃないかなと。

肺から吸収されるか胃で消化されるかの違いなだけで、最低限化粧品同等、健康被害等のリスクを
考えるのであれば食品と同等の扱いをするべきではないかなと。

現状、ニコチンを含有しないリキッドに関しては法的な分類が明確になっていないだけなので、検査
方法等の法的な基準がないという単なるグレーゾーンな訳です。
翻って国内販売リキッド、海外産輸入リキッドを見てみると、食品レベルでの”日本国内”基準を
満たしているリキッドというものは見かけませんしね。(消費者が購入時に確認できるという意味で)
他国の基準でいくら問題ないとはいっても、その国の法整備が遅れていれば意味はないので。

そういう意味では海外産リキッドを輸入し国内販売時に、最低限全材料、特定アレルギー物質、
賞味期限(あるいは消費期限)、保存法、販売者名、住所、連絡先程度はラベルに記載していないと
販売者として安全性を意識した上で誠実とは言えませんよねぇ。
結局法のグレーゾーンを悪く言えば悪用して輸入販売を行っているわけで、健康被害の可能性という
観点から突っ込んでいくと色々とおかしな話になってくるんちゃうかなぁと。

上記の様な安全性からの観点から言うと、偽者だから怪しい!ではなく、偽者を入手し分析した上で
問題点があればそれを指摘し非難や警告を発信するのなら話は分かりますが、過激な表現になるけど、
安全性からは目を背けてやってる事は偽者業者と大して変わらないかなと。
(海外リキッドを購入した消費者の安全性からは目を背けている)

製造者ではなく、販売者の責任と言う物をコストに転化して国内販売しているのであれば、上記で
書いた様な最低限の安全性の確認をしていないと他者を非難する資格なぞないとは思います。
(現実問題として健康被害が発生した場合、対応できる規模の販売元が存在しないのもある)

また自作リキッドでも個人販売ではなく業として販売する場合、製作者が食品衛生責任者の資格を
保持したうえで、食品衛生法に基づく営業許可を取れるレベルの設備などを整え、それを告知して
販売するのであれば販売元の信用とユーザーの安心感に繋がるとは思いますな。
個人販売であればリスクを明確に告知した上で、あとは個人売買というグレーゾーンでもアリですな。

まぁここまでつらつらと書いてきておいてなんだけど、グレーゾーンで遊んでいるという大人の自覚を
もって自己責任で楽しんでいるのであれば、殊更に安全性などで騒ぎ立てるのは野暮じゃねーかなとw
それを言い出してしまうと、なんらかの規制を呼び寄せる事になり足元に穴を掘ってるだけかなぁ?

突き詰めれば結局はどこまで信頼できるかと言う話になるので、煙草よりは害が少ない気がする!
くらいで後は自己責任で楽しむのが、法整備の追いついてきていない現時点に於いてはベターかなと。
騒ぎ立てなくてもそのうち法規制の波がやってきて否応なく対応を迫られると思っているのでw

もちろんここまで書いて来た事は自分がこう思ってるよという事を日記に書いてみただけです。
書いてる本人が市販リキッドや海外リキッドではなく、自作リキッドメインの人なんでお察し下さいw
晩酌しながら適当に調べて書いているので、突っ込み所は山ほどありそうですな、ではでは。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村


[PR]
トラックバックURL : http://redbug.exblog.jp/tb/237193072
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 貧Vapor at 2017-07-16 17:32 x
こんちゃー。暑すぎて生活必需品買いに行くだけでゲンナリです。
なんか賑わせてますよね、偽物リキッド。まぁわたくし、市販リキッド2回しか買ったこと無いので全く興味も無かったのですが。プライベーターのリキッドでも国内であれば検査機関に出して出来得る限りのことしてる人もいる一方、海外リキなんて大手って言ってもどんな環境で何入れてるかわかったもんじゃない物を国内店舗は売ってるしって話ですかな。

確かに偽リキの方が更に危ないってのは理屈として解りますが、それならホント検査出してほしいですよね、ニセの方をw 偽が売れると困る商売してる人たちが。香料にしても未だにジケトン?やらなんちゃらトンが入った香料も売ってますが、アレは基本的に食品用って事ですし。香料メーカーはVAPEの文字すら使ってませんもんねぇ(最近は吸うやつが居るのを考慮してるのは見て取れますがw)。

騒ぎ立てるとまぁ、ろくな事ないでしょうから、自己責任で楽しみたいものですな。にしてもお店から貰ったサンプルを売るやつカスみたいなのも居るし民度低くて草生えますわ。貧乏でもああはなりたくないものです。
Commented by redbug at 2017-07-16 22:14
ばんわーす。
まぁ酔っ払いながら書いた戯言なんで読み返すと赤面するような文ではありますなw
おっしゃる様に、法的基準がないので、消費者の立場からすると安全性を確保する為に
努力しているかどうかくらいしか判別できないんすよね。

検査にしても、ニコチン、ジアセチルその他数点程度の分析だけですし、まともな
検査をするとお金かかるからリキッド全部混ぜてやりましたとか言われるとどうにもw
単品の試料でまともに検査するならともかく、閾値が低くなりそうなやり方で検査する
のは単に金の無駄で、建前でやってるとしか思えない例もあります。

まぁ以前に書いている通り自分としてはパッケージまで丸々コピーしたクローンリキッド
に対しては完全な否定派で、購入しようとも思いませんね。
ただ安全性を建前としてクローンを否定してしまうと、安全性か確保する為にじゃぁ
一般のショップや国内販売リキッドはなにしてんの?と疑問になるわけなんすよねぇ
結果が上の文なわけですが、業界に対して喧嘩売ってると取られてもしゃーない感じすなw

結局は最後に貧さんがおっしゃっているように、うち自体は以前から変わらずグレーゾーン
なりに自己責任で楽しもうよ派なわけですがw
しかし、商品サンプル貰って売るような子がいるんすな・・・民度低いとか言われてもしゃーないかもw
by redbug | 2017-07-15 18:14 | VAPE雑記 | Trackback | Comments(2)

徒然日記


by れどばぐ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30