T&M マロンフレーバー106(天津甘栗)

朝は多少冷える物の昼間はすっかり春の陽気ですな、桜のつぼみも綻び始めてそろそろ花見の季節。
早咲きの桜はもう散り始めてるけど、ソメイヨシノはこれからが本番、今週末は晴れるといいなぁ。
先週は近場をちょろっと廻った程度なので、地元の見所をツーリングがてら廻りたいとこですわ。


さて今日も、T&Mから調達したブツの確認の続き、T&Mからマロンフレーバー106。
前回の焼き芋が予想したよりかなり良かったのでこいつも期待したい所、香り的には似た様なもんだし。

a0063856_10093120.jpg

焼き芋に栗が両方使えれば、お菓子系での幅がかなり広がるしなぁ、あとかぼちゃが欲しいかもw
焼き芋自体は焼き芋キャラメルバターがなかなか良かったので改良予定、栗と焼き芋と併せて生地を
追加してマロンパイやらスィートポテトパイなんかも良さそうすな、気が向いたらやってみよう。

フレーバー比率は、PG50%、グリセリン30.8%、エタノール11.8%、その他不明、焼き芋に似てる。 
フレーバー臭は、こちらもエタノールの揮発臭をまず感じて、追いかけて天津甘栗の焼ける匂いではなく
普通の焼栗を冷ました後に剥いた時の様なほっこり甘い香りにちょっとの香ばしさを感じる。

ARESベース5mlに10滴(0.29g/6%)で、リキッド作成してステープ。
リキッド臭は、エタノールは飛んだのかほぼ感じず、うっすらフレーバーで感じた焼栗の香りですな。

密封ステープ21日目にて、ウィック交換してから下記の環境で試飲。
(Verringer、カンタル26G9巻きデュアル等間隔0.5Ω、VTCmini30W)

直肺で吸い込む時に、ほっこりそれほど強くない優しい甘さと、栗の渋皮の様なわずかな渋みがある。
吐き出す時に、ひゃっほい!こっちもしっかりした栗!マロン!だわ。なんというかマロンと言うと
シロップ漬けの栗を思わせるネーミングだけど、こちらは天津甘栗の皮を剥いた口に入れた時の様な
かなり再現性の高い感触がある、焼き芋と似た様な感触だけど同量だとこちらが僅かに強いかな。

香り自体は、しっかりとした栗っぽい優しい甘さと香ばしさ、ほっこりする様な栗系の香りにちょっと
粉っぽさも感じさせて再現性の高い冷えた天津甘栗を剥いて食べている様な香り、吸い込み時から
じんわり香りを感じさせつつ途中から吐き終わりまでほぼ変わらずに安定して続く。
吐き終わった後に、鼻の奥にちょい粉っぽい焼栗感が残り、舌の上には優しい甘さと僅かな渋みが残る。

うーん、焼き芋に続いて大当たりの部類ですなコレ、方向性は焼き芋と同じだけど感触がちょい違う。
ほっこり優しい甘さ香ばしさとちょい粉っぽさを感じさせる栗感があり、再現性がやたら高くてうまい。
焼き芋がねっとり感を感じさせる様な方向に対して、こちらは栗っぽい粉っぽさがあり面白い。

うははと笑いながらチェーンしてたけど、リキ切れ直前まで感触はほぼ変わらず安定してて出来が良い。
心配してたエタノールに関しては、多分焼き芋と一緒で残っていても抜けても問題なさそうですな。
強度は焼き芋よりちょい強めな感じがするがさほど変わらないので、5%~10%くらいで良さそう。

まとめると、冷えた天津甘栗を剥いて食べた時の感触、粉っぽさも含めて再現性高いし単品でおいしい。
単品で吸うなら6%だとわずかにパンチが弱い気がするので8%程度まで上げてもいいかもしれない。

さっきからずっと吸ってるけど、尖った物がない分飽きづらく単品スィーツとしても普通にいいかも。
焼き芋と特性が一緒なら他と併せても消えづらそうだから、栗系スィーツの柱にしても面白そう。
単品でもしっかり焼栗と分かり、普通においしく混ぜも面白そうなお品でしたとさ。

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
by redbug | 2018-03-28 10:09 |   T&Mフレーバー | Comments(0)

呑兵衛おじさんヽ( ´ー`)ノ


by れどばぐ
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31