Capella Silver Line Rainbow Candy(ライムグレープジュース)

週末は珍しく二連休だったものの、溜まってた家事やら到着した物を整理したりであっと言う間に終了。
久々にゆっくり積み本崩したりゲームをしたりしたのでストレス解消にはなったので良しとしよう。

そういや今日はクリスマスイブですなぁ、そういや世間は祝日だし街は大賑わいだろうなぁ。
自分はどうなのかって?まぁ想像の通り祝日出勤でございます、昨日一昨日休めたからええんや・・・
夕方には嫁が出先から帰ってくるし、ケーキと料理くらいは準備して待っておくとしましょうかね。


さて今日は、先日からの香料単品確認の続きでCapellaのSilver Lineから、Rainbow Candy
これもしばらく前のCHKさんセールの10個アソートパックで入手したお品ですな。
CapellaのSilverLineのは先行で4種類入手してたけど、全部ダブりだったという悲しい結果だったわ。

a0063856_08491365.jpg

公式サイトの紹介は”このハードシェルのチューイートリートは大胆な新しいシルバーラインの風味
です。まっすぐに袋から出して、レインボーキャンディはオレンジ、レモン、ライム、グレープ、
そしてイチゴの色合いを持つフレーバーファンタジー感覚です。”との事。

要はMIXフルーツ系の洋風キャンディって事かねぇ、洋風キャンディというとバタ臭いというか
甘さがべたついてフルーツも合成香料感たっぷりで余り好きではないのだけどね。

このRainbow Candyもそうだけど、アソートパックの中身は自分なら買う事まずないなぁと思う品が
2,3点入っていたけど、まぁ鼻舌の経験値になればいいかなくらいで味見してみるとしましょう。


フレーバーは自然香料と人工香料のミックス、フレーバーキャリアはPGと水とパッケージに記載有り。
フレーバー臭は、真っ先に感じるのは合成グレープ感のしっかりあるグレープの香り、そこに色々
入り混じってる様だけど、2番手はストロベリーにオレンジかなぁ、その他のフルーツも居るのは
分るがグレープ強めで潰されてる感じ、ミックスフルーツキャンディー感はたっぷりありますわ。

使用香料濃度の各サイトでの平均値は下記参照。

e-Liquid-Recipes Percentages in recipes:Average mixing quantity: 4.3% (Median: 3%)
e-Liquid-Recipes Single flavor:Average quantity: 6.3% (Median: 7.0%)
ALL THE FLAVORS:Used in 47 recipes at an average of 3.219%.

添加用平均値で、MIX4%/0.2g-TOTAL0.2g+VG:PG=8:2(BASE)にて試飲リキッド5mlを作成。

リキッド臭は、添加濃度だとほんのりグレープの香りがする程度かな。フレーバー臭で感じ取れた
他のフルーツは薄くて良く分からないですわ。辛うじてオレンジがいるかな?くらいに香る程度。

密封ステープ※日目にて、ウィック交換してから下記の環境で試飲。
(Verringer、カンタル26G9巻きデュアル等間隔0.5Ω、VTCmini30W)


直肺で吸い込む時に、あら意外、結構酸味が強めでキャンディー的な甘酸っぱさは控えめな感じ。
吐き出す時に、オレンジでグレープを包み込んだ様な香りをトップでしっかりと感じ、吐き出すに
連れてレモンやライムを感じさせつつラムネ的な感触になり、酸味を感じながら吐き終わるまで続く。
吐き終わった後に、鼻にはなぜかライムがメインで残り、舌の上には酸味と少しの甘さが残る。

うーん、先日確認した27Fishや27Bearsの様な、かなりバタ臭い洋風駄菓子かと思ったら違いますな。

洋風な駄菓子感は多少あるものの、グレープメインでサイドを柑橘系で固めた様なお味でさっぱり。
正直いい方向で外れてましたわ、これなら添加濃度の単品でもさっぱりしてて普通に美味しい。

トップは間違いなくグレープなのだけど、その次はライム、レモン、オレンジの順番に強いかな。
ストロベリーは正直わかりづらいけど、香りの甘く感じる部分がグレープとベリー的には思えるかも。

しばらく吸っているとライムが強くなってきて、グレープと入り混じるとなぜか日本的なラムネにも
感じてきますな。ライム、レモン、オレンジのMIXとグレープを合わせるとこんな香りになるのね。

ライムその他の柑橘系も芳香剤という程には強くなく、グレープとも合っていてすっきり良い感じすな。
全体的に酸味が強めで甘さが控えめなのも好みですわ、これなら単品でも十分美味しく頂けそう。


さてと添加濃度の確認が済んだので、お次は単品濃度中央値の6%にして確認してみますかね。
残りの4mlに4滴追加して濃度を約6%にした追試リキッドを作成して、良く振って混ぜて試飲続行。

吸い込む時に、酸味と甘みが濃度なりに濃くなった感じ、酸味よりは甘味の方が強くなってるかな。
吐き出す時に、添加濃度ではグレープが目立っていた所が、ライムとレモンとオレンジに入れ替わり
グレープが少し沈んでボディの様な感触になり、酸味を感じさせる香りが安定して吐き終わるまで続く。
吐き終わった後に、レモンライムが鼻にしっかり残り、舌には酸味メインでほんのり苦味甘みが残る。

単品濃度で結構イメージが変わりますなぁコレ、少し芳香剤寄りのレモンライムがしっかりとメインに
なり、グレープは裏に通して香る感じで目立たなくなってる。よりすっきりした感じでこちらも美味い。

添加濃度のグレープメインの香りだと、味の酸味が少し先行して微妙な違和感があったけど、この香り
だと香りの酸味と味の酸味、あとほんのり甘味が綺麗に釣り合ってるのでこれが本来の味でしょうな。

添加濃度と比較すると、レモンライムがメインになっている分少し柑橘感が浮いてる感じだけど
その隙間にうまくグレープが滑り込んで潰してるかな。キャンディというよりジュース的な感触だわ。

しばらくチェーンしてみたけど、レモンライムトップでまず酸味を感じさせるすっきりした感触は
変わらず甘味が蓄積もしないので、そのまますっきり吸い続けられる感じで良いですわコレ。


まとめると、レモンライムグレープジュースかなぁ。洋風駄菓子でなくラムネ的で美味しいですわ。
甘味はそれなりにあるけど酸味が強いおかげもあり、すっきりチェーンし続けられるお味やね。

あまり濃くするとレモンライムが芳香剤寄りになりそうなので、添加2~4%、単品で5~8%くらいが
無難な気はしますな。チェーンし続けていると流石にレモンライムが少し鼻につく様になるし。

あれすな、清涼剤を入れなくても単品で初夏や残暑の時期に美味しく頂けそうなお味ですわ。
季節が冬なんでやらないけど、清涼剤入れて単品で十分夏用にいいかなと思うお味でしたとさ。

※しばらく吸っててやはり清涼剤を入れてみたくなり、試飲残りにWS-23-30%を3滴ほど追加。
 レモンライムの芳香剤寄りな部分に多少ぼかしをかけた感じになり、より吸いやすくなった。
 その分グレープが立ち上がってる気はするけど、清涼感とも合うし十分美味しいからOK。

※清涼剤添加後にチェーンしていると、多少グレープが鼻につく感触がありますな。
 単品濃度で清涼剤添加すると、多少好みが分かれるお味かもしらん?

にほんブログ村 健康ブログ 電子たばこへ
にほんブログ村
by redbug | 2018-12-24 08:51 |   Capella Flavors | Comments(0)

ごちゃごちゃ喋るドヤ鼻ヽ( ´ー`)ノ


by れどばぐ
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31